喜界島ドットコム 【喜界空港 - 管制塔のない飛行場】

喜界空港

喜界空港 - 管制塔のない飛行場

島巡りから妻の実家への帰り道、買い物ついでに、喜界空港裏の海岸を訪ねた。
ここの海も、やはり、エメラルドグリーンに輝いていた。

喜界空港浦の海岸
喜界空港浦の海岸

管制塔がなくて、いかにして着陸するのか。

喜界空港には、管制塔がない。
そういえば、行きの飛行機でも、客室乗務員がこんなことを言っていた。
「この飛行機は、条件付きフライトです。パイロットの判断で、喜界島には着陸せず、奄美空港に引き返すことがあります。」
ほうほう。パイロットの判断で。
ん?管制官の判断ではないのか?
私は妻に訊いてみた。

「パイロットの判断って何?」
「あー。喜界空港には管制塔がないから。」
「おほほー!なんじゃそりゃ。」
つまり、着陸するもしないも、パイロットの判断だけで決まるということか。
「着陸するかしないかは、どうやって決めるのかねー?」
「ええと。あの丘が見えるか見えないからしいよ。雲とか霧で隠れてたらアウト。」
「お。見える。着陸決定じゃん!」

そんなこんなで、飛行機は無事に着陸したのだった。

ちょうど、離陸する飛行機が。

我々が買い物ついでに喜界空港裏に着いたとき、ちょうど飛行機が飛び立とうとしていた。

離陸準備する飛行機

離陸準備する飛行機

滑走路の端に着き、滑走態勢に入る。
プロペラが「バラバラバラバラ」言っているが、まだ走り始めない。
うーん。どうした。
霧が晴れて、丘が見える瞬間を待っているのか。

10 分 くらい待って、飛行機はようやく滑走を始めた。
無事に飛び立ったようだ。
なかなか見応えのある場面を見させてもらった。

飛び立った飛行機

初めての喜界島訪島

初めての喜界島訪島 - 番外編

2 回目の喜界島訪島

喜界空港

鹿児島県大島郡喜界町(喜界島)にある第三種空港。
開港日は 1968 年。

奄美大島空港との間は 約 26km。
飛行時間は僅か 5 分!
「マイレージを貯められる路線」 としては国内最短。

全路線中の最短距離は
「北大東空港~南大東空港間」
これは、世界最短距離の路線でもある。

参考:
喜界空港
フリー百科事典
『ウィキペディア(Wikipedia)』
最終更新 2007年10月4日 (木) 16:10