喜界島ドットコム 【城久グスク遺跡群 - 古代からのメッセージ】

発掘現場

城久グスク遺跡群 - 古代からのメッセージ

車で色々な場所を案内してもらっている最中、偶然にも遺跡の発掘現場に出くわした。
「城久グスク遺跡」と言われるものだそうで、大規模に、発掘作業が行われていた。

遺跡と知らずに踏み歩く。

発掘現場は特に囲いがされていなかったため、中まで入ってみようということになった。
砂利道を歩いていると、向こうから作業員のおじさんの暢気な声が響いた。
「おーい。そこは歩いたらだめだよー。」
何か大事なものが埋まっている場所なのかと慌てて下を見たが、あるのは沢山の石だけ。
「?」と思いつつも、少しよけて歩いて、おじさんの元にいった。
「何かあるんですか?」
「あれは、遺跡の石畳だよ。」
おおお。そういうことか。
古代の眠りから目覚め、今まさに日の目を浴びたばかりの悠久の石畳。
私たちは、その上を何も考えずに歩いていたのだった。

悠久の石畳
悠久の石畳

発掘現場を、更に進む。

発掘現場を慎重に歩いていくと、数名の男性が作業をしていた。
この日は日曜日だったのだが、発掘作業には休みはないらしい。
黙々と、作業を進めていた。

発掘現場

更に、別の場所に移動してみた。
こちらの作業現場は更に大きな規模だ。
ひとけはなかった。

発掘現場

作業現場には、所々に大きな穴が空いている。
見えている部分は良いのだが、ブルーシートに隠れた部分は、穴の位置が全く予測できないので、慎重に歩かなくてはならない。
安全な場所から、穴の中をのぞいてみた。

発掘現場
発掘現場

ひとつひとつの穴に、管理番号のような札が置かれていた。

この辺りからは、人骨が 2 体、発見されたらしい。
その人骨は、中世時代の仏教思想に基づいた「手足の屈葬」にされていて上の一体は女性、下の一体が男性であろう、ということ。
なぜ、2 体が一緒に埋葬されていたのか、いつの時代の人骨なのかなど、様々な謎は残されているが、これから研究が進められていくことだろうと思う。

いずれにせよ、「偶然」でとても貴重な体験ができ、かなり興奮した。
遺跡の発掘現場など、そうそう目の当たりにできるものではない。

初めての喜界島訪島

初めての喜界島訪島 - 番外編

2 回目の喜界島訪島

グスク

グスクとは、沖縄県を中心に奄美諸島から八重山諸島にかけて多数存在する古琉球(グスク)時代の遺跡。地域により形態や呼び方に違いがある。

標準語には城(しろ)と訳される。しかし、グスクの全てが軍事拠点として使われていたわけではない。

グスクの起源については様々な説があり、主に「聖域説」、「集落説」、「城館説」に分けられる。また、語源についても意見が分かれる。三山時代には王や按司の居城となった。

引用:
グスク
フリー百科事典
『ウィキペディア(Wikipedia)』
最終更新 2007年11月29日 (木) 08:34