喜界島ドットコム 【オオゴマダラ - 黄金色のさなぎに由来する名】

オオゴマダラ

オオゴマダラ - 黄金色のさなぎに由来する名

黄金色のさなぎ期を送るチョウがいると聞いた。
オオゴマダラというチョウだ。
喜界島の観光案内などによく掲載されている。

オオゴマダラとは 「さなぎが黄金色のまだら模様」 ということに由来した名前である。
とても貴重なチョウで、捕獲すると罰金を 1 万円取られるという、本当か嘘か判らない話もある。

偶然にも、遭遇した。

そんな貴重なチョウであるが、喜界島内を観光していた際に、偶然にも見かけることになる。

ひらひらと独特な飛び方をするので、撮影にはとても苦労した。

オオゴマダラ
オオゴマダラ

オオゴマダラは、紙のようにひらひらと飛ぶ。
その飛び方が 「新聞紙が風に舞っている」 ように見えることから、新聞蝶と呼ばれることもある。

ようやく地面近くに来たと思ったら、なんと 2 匹いた。

2匹のオオゴマダラ


偶然にもしっかりと撮れた 1 枚。

オオゴマダラ

黄金のさなぎに出会う。

オオゴマダラの集まる家があるという。

何でも、庭にオオゴマダラの好む 「ホウライカガミ」 が植えてあるので、それを目当てに集まるらしい。
オオゴマダラはそこで産卵をし、さなぎ期を過ごし、チョウとなって羽ばたいていくという。

早速、伺った。
すると、あった!
卵もさなぎもたくさん見つけることができた。

さなぎは、本当に黄金に輝いていた。

オオゴマダラのさなぎ


せっかくなので、オオゴマダラについて色々と調べてみた。

羽根を開いたの横幅は 130mm にもなるそうだ。
日本最大のチョウの 1 つ。
成虫の寿命はチョウにしては長く、数ヶ月間生きることも多々ある。
幼虫はガガイモ科のホウライカガミを餌とする。
ガガイモ科の植物には毒があるため、この毒が成虫に育った際にも体内に残っていて、鳥に襲われることがあまりないらしい。


私は、あまり虫が得意ではないため、こんなにしっかりとチョウを見たのは初めてかもしれない。
さなぎの美しさは、ぜひ一度は見ておくべきである。

初めての喜界島訪島

初めての喜界島訪島 - 番外編

2 回目の喜界島訪島

オオゴマダラ

オオゴマダラ(大胡麻斑・学名 Idea leuconoe)は、チョウ目(鱗翅目)タテハチョウ科オオゴマダラ属に分類されるチョウの一種。白黒のまだら模様が特徴的な大型のマダラチョウで、蛹が金色になることでも知られており、和名も蛹が黄金色のまだら模様であることを由来としている。

前翅長7cm前後、開長は13cmに及び、日本のチョウとしては最大級である。翅は白地に黒い放射状の筋と斑点がある。ゆっくりと羽ばたきフワフワと滑空するような飛び方をする。その飛び方と羽の模様が新聞紙が風に舞っているように見えることから、『新聞蝶』と呼ばれることもある。

オスの成虫の腹部先端には、ヘアペンシルというブラシのような器官がある。これはマダラチョウ類に共通する器官で、フェロモンを分泌し、メスを引きつける働きがある。メスを見つけたオスはヘアペンシルを広げてメスの周囲を飛び回る。

東南アジアに広く分布し、日本では喜界島、与論島以南の南西諸島に分布する。分布域では平地から山地まで生息し、季節を問わず繁殖するので1年中見ることができる。成虫の期間も長く、羽化してから数ヶ月、条件がよければ半年ほど生き続ける。

狭い場所でも生活環が成立するため飼育しやすいチョウの一つで、各地の動物園などでもよく飼育される。沖縄県の宮古島市や石垣市の市のチョウに指定されている。

引用:
オオゴマダラ
フリー百科事典
『ウィキペディア(Wikipedia)』
最終更新 2008年2月9日 (土) 15:20

ホウライカガミ

ありがたそうな語感の名前だが,その実物は何てことない,地味なツル草だ。控えめなクリーム色の花は,光沢の強いたくましい葉の陰に隠れて目立たない。クサトベラやモンパノキ,ハマボッス等の自己主張の強い植物が周囲に多いせいもあって,注意して探さないと見過ごしてしまいがちである。

ところが,ぱっとしない見た目とは裏腹に,本種の知名度はかなり高い。それは何故か。オオゴマダラの幼虫の食草だからである。実物を見たことがなくとも,この美しい蝶の名前を聞いたことのある人は多いだろう。翅は日本有数の大きさであり,真っ白な地に黒い斑模様がついている。その清々しいコントラストは,南国の抜けるような青空によく似合う。飛んでいる姿は,まるで大きな白いハンカチが風に舞っているかのようだ。

引用:
ホウライカガミ
徒然花鳥風月
最終更新 2008年6月19日 (木) 14:20