喜界島ドットコム 【130度線・小野津漁港 - 喜界島を見つける指標】

130度線

130度線・小野津漁港 - 喜界島を見つける指標

毎日、テレビで流れている天気予報。
雨模様を示したり、気圧の関係を天気図で示したり。

その天気図で必ず掲載されているのが、経線と緯線。
イメージしづらい人は、下記のページを見てみると判りやすい。
LinkIconYahoo!天気情報 > 天気図(実況)

ここで、縦横に走っている線が、経線と緯線だ。
そして、九州西端を縦に走っているのが東経 130 度線である。

この線の上に、喜界島はある。

橙色に輝く 130 度線。

130 度線の上に喜界島があるということは、喜界島の中に 130 度線の走る場所があるということだ。

早速、行ってみた。

130度線

おお。
これが 130 度線か。
橙色に輝いている。


そういえば、小学生の頃にこんな話をしたことがあった。

「赤道って本当に赤く見えるの?」

確か、小学校 3 年生くらいのことだったと思う。
友人たちと 「見える!」 「見えない!」 と散々話し、最終的に担任の先生に聞きにいった記憶がある。

今となっては、聞かなくても答えを判ってしまうが、当時はそんなことでも好奇心が満たされていた。


話を戻す。

東経 130 度線が、「本当に」 橙色に輝いているわけではない。誰でも判る。
誰かが正確に計測し、線を引いた。
それが、この橙色の線だ。
真っ直ぐに、海岸まで続いている。

130度線

この写真の先に見える石碑。
これは、子午線モニュメントだ。

子午線モニュメント

この裏側は、こんな感じ。

子午線モニュメント

この地点から北に 425km 行くと、熊本県天草市下島鶴崎に到達する。

青いグラデーションの続く、小野津漁港。

この地点から少し歩くと、グラデーションの綺麗な港に出る。

小野津漁港

砂浜に鎮座する岩 (もしかしたら一部は珊瑚?) が、ほどよい存在感を放っている。

小野津漁港

どうやら、割と最近になって整備されたようだ。
遊歩道も含めて、綺麗なはずである。

小野津漁港


130 度線に立ち寄り、海風に当たりながら遊歩道をゆっくりと散歩する。
とても贅沢な時間の使い方だ。

初めての喜界島訪島

初めての喜界島訪島 - 番外編

2 回目の喜界島訪島

経度をめぐる歴史

外洋航海がさかんになった16世紀以降において、航海中の自分の船の位置を知ることは安全な航海において重要になった。緯度は太陽の高さなどで比較的知り易いのに対し、経度は基準の経度の街の時間を正確に表示し続ける時計が入手できなかった時代には極めて困難であった。多くの国で、経度の決定法の開発について懸賞がかけられた。ガリレオは木星の衛星イオの食の周期を自然の時計として用いる方法を提案し、トビアス・マイヤーの月運行表も、もともとは地上の地図の作成に使われたものであるが、海上での経度の決定法として賞金を得ている。18世紀のジョン・ハリソンによる揺れる船上、温暖の差の激しい航海でも正確な時を刻むクロノメーター開発に関する物語はデーヴァ・ソベルの『経度への挑戦』に興味深く描かれている。

参考:
経度
フリー百科事典
『ウィキペディア(Wikipedia)』
最終更新 2008年6月19日 (木) 12:20