喜界島ドットコム 【喜界空港 - 管制塔のない飛行場 2nd】

喜界空港

喜界空港 - 管制塔のない飛行場 2nd

喜界島への 2 度目の訪島。
せっかくなので、喜界空港について、もう少し詳しく書いてみようと思う。

奄美大島空港からの短い旅。

奄美大島から喜界島への空路は、本当に短い。
離陸して、すぐに着陸。
なんせ、マイレージを貯められる路線としては、国内最短なのだ。
あっ、という間に着いてしまう。

使われる飛行機は、32 名乗りのプロペラ機 「SAAB 340B」 。
日本エアコミューターが運営をしている。

日本エアコミューター

機内の写真や、機内からの空撮写真などを掲載したいのだが、なんせ水平飛行でシートベルト・サインの消灯する時間がない!

搭乗から離陸までは、デジカメは使えない。
離陸から水平飛行に入るまでも、デジカメは使えない。
水平飛行になる瞬間はあるが、本当に一瞬でまたシートベルト・サインが点灯するので、時間がない。
水平飛行から着陸までは、デジカメは使えない。
着陸から駐機までは、「お降りになるまで、電化製品の電源は入れないようお願いいたします。」 と言われるため、全くチャンスなし。

そんなわけで、機内でカメラを使うためにはフィルムカメラを用意しなくてはならない。
次回への課題だ。

青い空の島へ、到着。

飛行機を降り、向かうは空港の建物。
喜界空港の看板が空に映える。

喜界空港


到着口は、引き戸。
乗客が全員降り、到着口に入り終わると、空港係員がサッシの鍵を 「カチャリ」 と締める。
私もよく家でやる動作だ。

到着口


手荷物引き取り所はここ。
到着口横の窓から荷物を入れ、その場で受け取る。
当然、ベルトコンベアはない。
30 人ちょいしか乗っていないのだから、必要はない。

手荷物引き取り所

いざ、喜界の大地へ。

空港から外に出ると、看板が出迎えてくれる。
これも空によく映える。

ようこそ喜界島へ


喜界町観光案内図。
看板右上には、[ オオゴマダラ ] の写真。

喜界町観光案内図


空港内を振り返ると、私が乗ってきた飛行機よりも遙かに小さな飛行機が停まっていた。
試験飛行用だろうか。
用途は全く判らず。
ちょっと乗ってみたい。

喜界空港に停まる小型機

空港滑走路を望む。

別の日。
喜界空港の裏手に回ってみた。
この日も空がとてもきれいだった。

ちょうど、飛行機が飛び立つところ。
滑走路の先端に向かっていた。

喜界空港の裏手
喜界空港の裏手


この後、飛行機は軽やかに飛び立っていった。
空が、本当にきれいだった。

喜界空港の裏手

初めての喜界島訪島

初めての喜界島訪島 - 番外編

2 回目の喜界島訪島

日本エアコミューター

鹿児島県の離島アクセス改善のため、当時の東亜国内航空(後の日本エアシステム、現在は日本航空インターナショナルと合併)と鹿児島県奄美諸島14市町村(合併により12市町村に減少)が出資して、コミューター航空会社として発足した。当初は旧奄美空港に本社を置き、奄美諸島をはじめとした路線が中心であったが、次第に日本エアシステムから西日本のローカル路線の移管を受け、路線を拡充していった。現在も、奄美諸島12市町村が資本の4割を出資し役員を派遣している。

日本航空と日本エアシステムとの経営統合後は東日本の地方空港へも乗り入れ始めている。同じグループ会社のJALエクスプレス (JEX) 、J-AIRとは、路線の違いに加え、機種(JACはターボプロップ機(プロペラ機)、JEXとJ-AIRはジェット機)の違いもある。

機体マーキングは原則的にJALグループのものに倣っている。自治体等が出資している関係上、JALグループがワンワールドのメンバーとなった後も、メンバーにはならない。

参考:
日本エアコミューター
フリー百科事典
『ウィキペディア(Wikipedia)』
最終更新 2008年5月26日 (月) 17:10