喜界島ドットコム 【百之台 - 喜界島で最も標高の高い場所 2nd】

百之台

百之台 - 喜界島で最も標高の高い場所 2nd

なぜだろう。
喜界島を訪れたら、この場所には必ず来たいと思ってしまう気がする。

ベタな表現だが、青い空、青い海、遠くに見える地平線。
この大パノラマの壮大な景色は、見る者を虜にする力を持っている。

今日の空は、とても青かった。

前回の訪島時にはあまり恵まれなかった天気も、今回は見事に晴れていた。
空はとても青かった。

百之台からの眺望

写真の人物は隠してある。ご了承を。

百之台からの眺望
百之台からの眺望
百之台からの眺望

この日は、周りを散策。

今回は、展望台近辺も散策してみた。
緑深い近辺も、「百之台」 の一環である。


海抜を記した石碑

海抜を記した石碑。


石碑
石碑
休憩場所


駐車スペースのある側から、展望台を中心にして反対側には、緩やかな斜面が広がっている。
辺り一面、緑の芝生に覆われている。

百之台の芝生

他に人がいなかったので、思う存分に転がった。


百之台

斜面を下って少し歩くと、海を見渡すベンチがあった。

百之台

緑と青の色が、とても美しい。

百之台


近くに東屋のようなものがあった。

百之台
百之台

中は苔むしていて、趣がある。


南国独特の樹木が多く生息する。

百之台
百之台


海を見渡せるスポットがいくつもある。

百之台


存分に散策を楽しみ、帰路についた。

百之台

リラックスモードへのスイッチとして。

個人的な話で恐縮だが、「雑多な都会」 を忘れて南国の世界に浸るためには、私の場合、何日間かを要することが判った。
飛行機を降りて、「はい、すぐに切り替え」 とは、私の場合にはいかないようだ。

今回、「南国モードへの切り替え」 に、百之台の景色は大きな助けをくれたと思う。
この景色をみてしまうと、東京に残してきた仕事のことなどは、言葉を選ばないで言えば、どうでもよくなってしまう。
漠然とした表現で恐縮だが、「地球ってすごい。」 って本心から思えたりする。

よく、テレビで世界の絶景特集といった企画をやっているが、世界に目を向けなくても、日本にも素晴らしい景色はある。
そんなことを、再認識してしまった。

空と、海と、緑とに力をもらって、気持ちがリラックスすると同時に、何かがチャージされたような気がした。

初めての喜界島訪島

初めての喜界島訪島 - 番外編

2 回目の喜界島訪島

水平線

水平線(すいへいせん、horizon)とは、水面(海)と空の境界をなす線のこと。なお、地球が球体であることから地球の半径と同じ半径をもつ円弧であり、観察者からの距離は約5km程である。観察者の位置が高ければ高いほど水平線は遠くなり、海岸の高層ホテルからでは水平線までの距離は16km程である。さらに、高度約9,150mの大型ジェット機からでは395km(1960年代に米空軍が計測)になる。また、作図などにおいて水平面に平行な線という意味合いもある。鉛直線に対応するものである。

参考:
水平線
フリー百科事典
『ウィキペディア(Wikipedia)』
最終更新 2008年3月11日 (火) 07:13