喜界島ドットコム 【地下ダム - 地下深くに横たわるトンネルは圧巻】

DSC_0043.jpg

地下ダム - 地下深くに横たわるトンネルは圧巻

喜界島は、水を通す島尻層を基盤として、その上に水をよく通す石灰岩の層が覆う形で成り立っている。
このため、地下の保水能力が著しく乏しい。
雨水は石灰岩を伝って、そのほとんどが海に流れ出てしまう。

喜界島の地下ダムは、海に向かって流れ出す地下水を地中で堰き止め、石灰岩の空洞に蓄えることを目的に建造された。
地下に貯蔵された水を動力で汲み上げ、島の畑に供給する。

これにより、農業用水の確保が容易になる。

2008 年 5 月現在、ダム本体は完成している。
畑へ水を供給するためのパイプラインを整備している段階だ。


その地下ダムを見学できるということで、迷わず向かった。

場所は、喜界地区水管理センター。

喜界地区水管理センターの看板

予約をしていたので、名前を告げ、案内を受ける。
まずは説明ビデオを見ていただく、とのこと。
建物の 2 階に上がり、広々とした部屋に通される。

レクチャールーム
レクチャールーム

ここで担当の方から説明を受け、その後、説明ビデオが流された。
ビデオでは、地下ダムの事業概要から工法まで、細かに判りやすく説明されていた。

十数分のビデオを見た後、いよいよ地下ダムへと向かった。

長い階段の先に。

ビデオを見た建物の裏手に、地下ダムの一部である、トンネルへの入口があった。

地下トンネル入口

扉を開けると、中には深い階段があった。

地下トンネルへの階段
地下トンネルへの階段

この階段をゆっくりと下りていく。

地下トンネルに圧倒される。

何段あったか判らないほどの階段を下りると、そこには長く続くトンネルがあった。

地下トンネル

圧巻である。
私は息を飲み、しばらくその場でトンネルの先を眺めていた。


このトンネルはなぜ存在するのか。

その説明のためには、まず、地下ダムの建造方法をみていく必要がある。

簡単に言えば、地下ダムは地表部分を掘り返し、地中に壁を造り、また埋める、この作業を繰り返して造られていく。

しかし、喜界島では一部この工法を用いることのできない地区があったのだ。
それが、オオゴマダラの生息地である。

オオゴマダラは、チョウの 1 種。
オオゴマダラの詳細については [ オオゴマダラ ] のページをご覧いただくとして、地下ダムの建造予定地の一部に、オオゴマダラの生息地が含まれていたのだ。
チョウの住む森を掘り返すということは、彼らから住処を奪ってしまうことになりかねない。

そこで、何とか地表を掘り返さずに工事を進められないかと考えた結果、地下トンネルを使った工法が採用されることになった。

まずは、オオゴマダラの生息地から外れたところに垂直に穴を掘り、そこからトンネルを掘る。
トンネルが完成したら、その中に重機を運び、地上で行っていた工事と同じ方法で、トンネルの下にダムを建造する。

ダム本体が完成した今、このトンネルは無用ではあるのだが、ダムの造成記念と観光スポットとして、今もこうして残っているという。


トンネルの中を進んでみる。

地下トンネル

途中には、転々の情報ボードや展示ケースなどがある。

展示ボード
展示ボード


中でも目を引くものが、これ。

地下ダムの窓

トンネルの中から、地下ダムに溜まっている地下水を見ることができる。
そして、画像が暗くて見えにくいかもしれないが、この窓の下にある蛇口、これをひねると、地下水が出てくる。
塩っ辛いが、味見もできる。


地下トンネル内では、ところどころ、地下水が染み出ている箇所もある。
決壊等はないだろうが、ちょっと心配。


染み出る地下水


地下トンネルの半ば、そこから先は立ち入り禁止区域となっている箇所がある。
ここで、地下ダムツアーは終わりだ。

ここから先は立ち入り禁止

地上を目指して。

ここからは、螺旋階段を上がって地上を目指す。

地上に上がる階段

途中、地下ダムの貯水量をみることのできる管があった。

地下ダムの貯水量をみることができる管


ようやく上りきった。

扉を出たら地上

地下ダムに、思う。

喜界島という小さな島に、これほど大規模な仕組みがある。
このことに、ちょっとした感動を覚えた。

喜界島の地下ダムは、ひとつの 「町」 のために、300 億円近い国費が投じられた一大事業だ。
「公共事業は悪」 とする声も多いが、農業に力を入れている喜界島のためにこのような施設を建造することは、決して無駄ではないと私は思う。


上にも書いた通り、2008 年 5 月現在、ダム本体は完成している。
今は、畑へ水を供給するためのパイプラインを整備している段階だ。

このパイプラインが完成すると、喜界島の畑には、スプリンクラーのようなもので農業用水が配水されることになる。
地下ダムの恩恵に与る前は、下の写真のような農業用水配水器までトラックを走らせ、お金を入れ、タンクに水を汲み、それを持ち帰るという作業が発生していた。

農業用水配水器

これ、家族で農家をやっているようなところでは、大きな負担になるはずだ。

それが地下ダムの建造により、今後はスプリンクラーから水が出るようになる。
農家の人たちは、水の心配から解放され作物の育成に専念できるようになる。

素晴らしいことだな、と思う。


日頃、あまり農業について考えることがない自分にとって、貴重な体験をすることのできた時間だった。

初めての喜界島訪島

初めての喜界島訪島 - 番外編

2 回目の喜界島訪島

ダムの語源

英語の dam という言葉は中英語に既にみられるが、おそらくは中世オランダ語から派生したと考えられている。オランダでは、河川の水位調整と湿地への海水浸入防止のために用いられることが多かったが、ダムができるとその地点での渡河が容易となるため、しばしば都市の形成へとつながった。たとえば、アムステルダムはアムステル川に、ロッテルダムはロッテ川にダムが設けられたことを契機として形成された街である。

引用:
ダム
フリー百科事典
『ウィキペディア(Wikipedia)』
最終更新 2008年5月24日 (土) 04:28

ダムの概説

ダムの定義は各国により異なるが、国際大ダム会議における定義では堤高が5m以上且つ貯水容量が300万m³以上の堰堤を「ダム」として定めている。そのうち、高さが15m以上のものをハイダム、それに満たないものをローダムという。日本の河川法でいうダムとはハイダムを指し、これ以外の堰堤についてはたとえ「ダム」という名称が付いたとしても堰として扱われる。ちなみに、明確な定義が無かった時期は、山に接して設けられるもの・積極的に流水を制御できる堰堤をダム、堤防に接して設けられるもの・常に越水するなど受動的にしか流水を制御できない堰堤を堰として分類していた。しかし、堰の中にもダムと同様に洪水調節・流水機能維持を目的に積極的な流水の制御を行う施設も建設されるようになり、ダムと堰の区別が曖昧になってきた。これにより、明確な定義を定める必要性が生まれたと考えられている。なお、ダムを上流から見たとき、右側を右岸(うがん)、左側を左岸(さがん)といい、ダムの下流側の面を背面(はいめん)という。

ダムの目的は多岐にわたるが、主なものとしては治水目的(洪水調節)と利水目的(灌漑・上水道供給・工業用水供給・水力発電等)がある。砂防が目的の砂防ダムや鉱滓を貯留する鉱滓ダムは貯水機能を有さず、目的が全く異なるため、ダムとしては別扱いとなる。

引用:
ダム
フリー百科事典
『ウィキペディア(Wikipedia)』
最終更新 2008年5月24日 (土) 04:28

オオゴマダラ

オオゴマダラ(大胡麻斑・学名 Idea leuconoe)は、チョウ目(鱗翅目)タテハチョウ科オオゴマダラ属に分類されるチョウの一種。白黒のまだら模様が特徴的な大型のマダラチョウで、蛹が金色になることでも知られており、和名も蛹が黄金色のまだら模様であることを由来としている。

前翅長7cm前後、開長は13cmに及び、日本のチョウとしては最大級である。翅は白地に黒い放射状の筋と斑点がある。ゆっくりと羽ばたきフワフワと滑空するような飛び方をする。その飛び方と羽の模様が新聞紙が風に舞っているように見えることから、『新聞蝶』と呼ばれることもある。

オスの成虫の腹部先端には、ヘアペンシルというブラシのような器官がある。これはマダラチョウ類に共通する器官で、フェロモンを分泌し、メスを引きつける働きがある。メスを見つけたオスはヘアペンシルを広げてメスの周囲を飛び回る。

東南アジアに広く分布し、日本では喜界島、与論島以南の南西諸島に分布する。分布域では平地から山地まで生息し、季節を問わず繁殖するので1年中見ることができる。成虫の期間も長く、羽化してから数ヶ月、条件がよければ半年ほど生き続ける。

狭い場所でも生活環が成立するため飼育しやすいチョウの一つで、各地の動物園などでもよく飼育される。沖縄県の宮古島市や石垣市の市のチョウに指定されている。

引用:
オオゴマダラ
フリー百科事典
『ウィキペディア(Wikipedia)』
最終更新 2008年2月9日 (土) 15:20